2019年5月7日火曜日

お酒と御摘まみ、メタボ脱却の御摘みはこれ!

お酒と御摘まみって切っても切れない関係ですよね。
ビールにから揚げ、日本酒に魚、ワインに生ハムなんて定番です。

仕事帰りに仲間とよく飲みに行きますが、お腹が空いているので、御摘みをたくさん頼んで、気が付けばお腹いっぱいになってしまします。

若くは無いのですが、ガッツリ食べては飲んでしまい健康診断の時には後悔してしまうの繰り返しでした。
会社の健康診断でメタボと言われ強制的に、健全な生活をするように指導されましたが、期間が過ぎれば元通りになってしまい、これもまた繰り返しする人もたくさんいます。

私が行った方法は、ただ単に!、
お酒に合った植物性の御摘みに変えるだけたっだのです。

もちろん、から揚げ、生ハムなんかも頼んだりはするし、自分が頼まなくても仲間たちが注文しています。

食べる事も当然あります。

以前は、目の前に出てきた、から揚げを真っ先に食べてましたが、一つ距離を置きまずはサラダから、と言うようにしてだんだんと、から揚げから距離を置くようにしていました。
自分が注文するときにはまず一番に、から揚げと言っていたのを、冷奴などお豆腐に変換しある程度お腹が膨れてまだ、から揚げが食べたいなと言う時に、少量注文し1つだけ頂くことにしていました。

から揚げ3人前と頼む人がいたら、そこはすかさず訂正し3人じゃなくて1人前と言い換えるのです。

それを、何回か続けて行っていると、定番のから揚げが定番で無くなってくるのです。
基本、野菜中心と言う事でサラダ系、キュウリ料理などあっさりした物を頼んで摘まんでいました。

しかし、ここで野菜と言ってもジャガイモはNGの様です。
どうやら、糖質が多いのでダイエットとして注文するのなら逆効果になるようです。
ポテトフライは油で揚げてるし、カロリー高いからポテトサラダを注文するわ!
なんて言っている方もいますが、どうやらこれも効果は無いようです。

いままで、野菜系の御摘みって想像つかないなと思っていましたが、意外とたくさんあることに気づきました。

まず、「冷奴」 こいつは超有名どころです、基本 何でも合います。
ビール、日本酒、ハイボール、焼酎、ワインは試したことはありませんが、
裏技として、水抜きした豆腐をキッチンペーパーで繰みその上から味噌、みりん、酒粕などをブレンドした調味料を万遍無く塗り、ラップでくるんで冷蔵庫に2週間寝かせます。
すると、なんとチーズのような味わいに!
これなら、豆腐もワインと合います。(かなり強引ですが 笑!)

次に、「生キャベツ」こいつも串カツや焼き鳥屋さんなんかに行くと付いてきます。
一見おまけの様に感じますが、結構御摘みとしては合います。
ソースとの相性が良く、着けて食べると美味しいです。
キャベツについては、炭酸系が合いますかね、よくビールやらハイボールを一緒に食します。

長いもの短冊、これは日本酒に合います。当然ビールにも!
長いもは、生を短冊にすることが多いですが、輪切りを焼いた物に、だし醤油をかけて食べてもまた御摘みとして最高です。

他にもオクラの素揚げ、塩で食べます。
ごぼうや蓮根のから揚げ、蓮根で言えば辛子蓮根、ごぼうで言えばごぼうサラダなんかも美味しいです。きんぴらごぼうも摘みに良いですね。

私が気に入っているのが、アボカドです
こいつを、普通に山葵醤油で食べます。居酒屋ではアボカドの刺身なんてネーミングで売られていることもあります。
アボカドも色々お酒にあいます。
日本酒、ビール、ハイボール、ワインも合うと思います。

ガッツリ食べたい気分の時は、厚揚げを軽く焼いた物がおススメ!
ショウガ醤油で食べるのが、一般的だと思いますが、ガッツリ行きたい時は、焼き肉のタレで食べます。
これは、炭酸系が合います!
焼き肉感覚ですね!

このように、植物系の御摘みって結構あるのです。

居酒屋さんで、これらがメニューにあるかは運ですが、家で飲む時なんかは試してみてはいかがでしょうか!

基本チェーン店に行けばガッツリ系になってしまうので、和食系の飲み屋さんなんておススメです。

割烹など高いイメージがありますが実は、おばんざい屋さん(惣菜屋)が最近は流行っており、優しい味の料理を楽しみながらお酒を飲むことができます。
これなら、比較的低価格でお酒を楽しめるのです。

他にも創作和食店、小料理屋なども一見高そうな感じには思いますが、週1ペースで通える程度だと思います。

健康的に飲むためには、御摘みを選ぶ事は大切な事だと思います。
そして、お店を選ぶ事も重要で、安けりゃ良いでは、この先楽しく飲むことが出来なくなるかもしれません。

御摘みを変えて、メタボから離脱し、これからも楽しくお酒を飲みましょう!

0 件のコメント: