2019年7月20日土曜日

滋賀県 日本酒の旅(前編)

滋賀県へ日本酒の旅に行って来ました。
スクラム君に乗って琵琶湖を一周しながら、各酒蔵に立ち寄る計画です。
当然、車なので試飲はダメです‼️
今回の目的は、私の大好きな金亀の夏酒を買う事と、今まで飲んだことのない日本酒を探す事です。
いきなり出発早々、スクラム君のご機嫌が悪くなり困りましたが、何とか回復‼️
旅を続ける事ができました。

スクラム君については、別のブログで次回お話しする事として、いきなり大津からのスタートです。

ここで、またもやリサーチ不足
滋賀県の南にある酒蔵はお休みでした、酒蔵は日曜日が休みなのが多いのですよ!
すっかり忘れてました。
お休みとは、言うもののせっかくなので外観だけでもとまずは、萩の露の福井弥平商店という美味しいお酒を作っている所を目指す事にしました。
のどかな、田園風景の先に見えてきたのは、萩の露の看板と大きな杉玉

Googleで調べた通り、残念ながら休みでした。
ここのお酒は美味しいだけに残念です。

以前この萩の露 エチュードをたまたま見つけ買って飲んだところ、感動したのです。
梅雨時期に出る限定品のようで、あまり出回らないみたいです。
フレッシュで飲みやすく、味のバランスも良く香りも良い!
こんなお酒を造っている方と、お話したかったのですが残念でした。

今度は開いてるときに来ますと固く誓いました‼️(笑)


萩の露を後にし、さらに北上しました。
次に目指すは不老泉、上原酒造さんです。
Googleに案内してもらい直ぐに到着
開いてるラッキー‼️
ガラッと扉を開け、入ると良くある酒蔵の風景。
不老泉は有名だし更に期待が膨らみます。
すいませ~ん‼️
出て来ません、どうやらお昼時なのでお食事中のようです。
お話を聞くとどうも買いたくなってしまうし、お食事の邪魔なので、そのまま次に行く事にしました。
実は不老泉については以前飲んだことが有るのです。こちらも美味しいお酒です。
かなり前なので記憶もあいまいですが、個性のある美味しいお酒と認識しています。


次の目的地は松の花、川島酒造さんです。
Google情報では開いてるはずです。
細い路地をスクラム君とともにすり抜け少し走ると、ありました‼️
松の花
立派な駐車場に風格のある建物
わくわくします。



こんにちはと入ると、奥から奥様が現れました‼️
色々と説明を聞き、最後に決めたのはこれです。
ホテルで一人で飲むにはこれが限界ですよ!(300ml)
まずは、一本ゲット‼️
純米酒にこだわる私としましては、ちょうど良い買い物です。

でっ、ホテルについて頂きましたが、美味しいお酒です。
滋賀のお酒は個性的な物が揃っている中で、こいつはサラッと飲みやすい!良いお酒です。
お酒の味が分かりやすいのは40℃ぐらいと奥様に教わりましたが、私は冷やして飲みました。淡麗で香り良く甘過ぎないので飲みやすいお酒でした。
滋賀の酒って美味しいですよね、良い出会いをしました。




さて次は、七本槍で有名な富田酒造さん
ここのお酒は個性的なのです!
(私が思うにはです)
琵琶湖の上をすり抜け湖西から湖東に入ってしばらくすると、なんと昔ながらの旧家が揃った通りに有りました。

杉玉が目印になるので分かりやすいですね

そして、こちらも開いてました。中に入ると沢山の七本槍が並んでます。
古酒でしょうか、珍しいお酒もありましたが、お小遣いが少ないので買えません(笑)

で、買ったのが、石田三成?
パッケージはそう書いてますが、中身は七本槍の原酒らしい

それは、良いねとこいつを購入しました。
こちらはお家で飲みましたが、思ったより飲みやすい。
もっと個性的だったと思うのになと、翌朝空瓶をみてみると

ショック!! 醸造酒じゃないの!
通りで飲みやすいわ、純米の原酒にしてはおかしいと思ったのは、こいつのせいですね。 純米派の私としては非常にショックなのでした。


次の蔵はすぐ近くにある山路酒造さん 北国街道ってお酒を造ってます。
こちらラッキーなことに、開いてました。

私、残念ながらこちらの酒蔵とお酒については知りませんでした。
で入ってみると、中から奥様が出てこられました。


こちらの蔵では、日本酒の他に桑酒なども造っており、カクテルなんかにも使えるみたいです。私はあまり飲みませんが、モヒート?なる物が出来るとの事です。
1532年創業!!
かなりの老舗です。お酒のネーミングから北陸地方をイメージしましたが、滋賀のお酒なのです。
私がこれを買った理由は、分類は純米酒と表記していますが、精米歩合60% 吟醸レベルで、滋賀県産の玉榮を使用しこだわった造り込みをしているからです。
なんで、吟醸を名乗らないのでしょうか不思議です。
なんか、杜氏さんのこだわりが有るのでしょか?
まだ飲んでないので楽しみです。
次回以降にご報告いたします。


これにて、湖西周りと琵琶湖の北側は終了です。
日曜日であったので、行きたかった酒蔵がお休みだったのが残念です。

この日の夜は宿泊し、居酒屋さんで池本酒造さんの「琵琶の長寿」の純米吟醸を頂きました。   美味しい~!! 
後半は湖東周辺から南へ下ります。

2019年7月1日月曜日

シンガポールでのタイガービールのお味は‼️

シンガポールに行って来ました。
お目当ては、ビールではありませんが、シンガポールのお酒事情と感想、これからシンガポールに行かれる方へ参考となる旅情報をお伝えしたいと思います。
初めてのシンガポール旅行なので、トラブル三昧でしたが、皆さんはその様な事が無いように、私の失敗を見ていただいたらと思います。

シンガポールの見どころは?

シンガポールと言えば、マーライオン、マリーナベイサンズまあこれしか私は思い浮かびませんでした。
しかし、実際は色んな文化が融合した素晴らしい国で沢山の見どころが有りました。
私が思うに、大きく7つに分けて計画を立てれば良かったかなと思いますが、今回は私が行った4つの街についてご紹介します。

1、マリーナベイサンズ周辺

とりあえずはここに行けばシンガポールに来たと実感できる場所です。
マリーナベイサンズのショッピングモールやカジノを楽しみマーライオンで記念撮影すれば完璧です!
夜は、光のショーが無料で見れますので必ず見た方が良いと思います。
ガーデンズも近くにあり、ここでもイルミネイションのショーが開催されています。
はっきり言って、この周辺だけで非常に時間を要しますので、ポイントを絞り
スケジューリングすることをおススメします。
もし、カジノで大勝をしている場合は別ですけど!(笑)
カジノは、結構ラフな格好でも入れますが、一応はサンダルではなく靴を履いてききました。ソフトドリンクは飲み放題でサービス満点です。
このエリアでは、各地域の食べ物が集結しているので好きなのを、エアコンの効いた
フードコートで食する事が出来ます。
私は定番のチリクラブを食べましたがとても美味しい。

2、チャイナタウン周辺




ここに行くと台湾を思い出すぐらい中華してます。
色々なおみやげ物屋さんがあり飽きません、ここでの目的地は一応お寺ですかね。
食べ物は当然飲茶などあり比較的なじみ易い街でした。
日本でも中華街が有りますが、雰囲気的には似ています。
意外にハマったのは、空心菜の炒め物、安いし美味しいしビールにとても合います。
私の場合、日本では食べた事が無かったのでたかが野菜炒めに感動しました。





3、リトルインディア周辺


ここはいきなりディープです。
インド系の人が沢山いて、いきなりインドに来たような感じになりました。
色んなお店があり、日本橋など電気屋街を思い出すような賑わいでした。
やたらと、金のお店に人だかりがあり羽振りの良さがうかがえます。
食べ物は、これまた馴染みのあるカリー系、ナンやタンドリーチキンもあり
本場の味はとても美味しいです。
変に日本語の出来る店の人は、ちょっと避けた方がよさそう!
百均で売っている様な物を高額で買わされそうになりました。(笑)

4、アラブストリート周辺

これまた今まで経験したことの無い雰囲気で非常に楽しいのです。
モスクを初めて見ましたが、とても綺麗で見とれてしまいます。
お土産物も結構質の良いものが置いてある場合があり、掘り出しものを探すのに楽しい街でした。
食べ物は、よくわかりませんがケバブーが売ってました。美味しいです。

食べ物はどんな感じ?

ガイドブックに載っているのは、ホーカーズと言う屋台村の様なところが多いです。
どのエリアにも大体はあり、食べ物の種類

も偏りなくあるためどこで食べても基本同じ
様な感じですが、私は結局ホーカーズは使いませんでした。
旅慣れた方などは、ディープで面白いし安いようですが、ちょっとなじめませんでした。
一番落ち着いたのは、マリーナベイサンズのフードコートでした。
エアコンも効いて清潔です。
ちょっと高いけど不慣れな私にとっては、ちょうど良かったです。

肝心なお酒はと言うと、高い!!
ビールが$9とか普通にします。周りを見ても誰も飲んでません!
しかし、私たちは飲むのです。(笑)

その他のお酒と言うのは、基本カクテルが多いような気がしました。
シンガポールシリングとかいう、パイナップルジュースとジンのカクテルが有名の様ですが、まあ1杯でOK、カクテル系は苦手なんで!

と言う事で、この旅の基本的な飲み物はタイガービールのみだったのです。
ほんとに高い!

味は、まあバドほど薄くはなく私は美味しく頂けました。
コンビニに行けば日本のビールも売っていますので、お口に合わない方はそれでもいいかもしれません。

日本酒を置いているお店も見つけましたが、獺祭の50で$93でした。
日本円で約7500円・・・・飲めません!

日本まで我慢します。


移動手段は?

シンガポールの場合は、殆ど地下鉄(MRT)か、タクシーの様です。
バスも有りますが、私の場合MRTと徒歩のみで移動しました。
MRTは行き先が番号で表示されているので、慣れれば簡単、2日目にはほぼ完ぺきに使いこなしてました。
駅でイージーリンクカードを購入カード保証代金と電車賃が入り$14程です。
あまり移動しないのならこれで十分!
私は結構、乗りましたので追加$10しました。
最終的には、$6ほどバックがありましたので、$18で3日使えた事になります。

ラッシュアワーを避ければほとんど座ることが出来、本数も沢山あるのでこまりません。

一つ注意!MRTは無人なので、ドアに挟まっても開けてくれない恐れが(大丈夫だとは思いますが)
失敗の一つに、駆け込み乗車をしてしまし、友達がドアに挟まれた上弾き出されたので、
離れてしまう、事になりました。

くれぐれも余裕のある行動で!

ついでに、2つ目の失敗、私のau携帯ではSIMロック解除していても海外SIMがそのままでは使えない事です。
このため、私のSIMを友達が使い、テザリングにてネット環境を整えてたのですが、友達が弾き飛ばされた関係でネットが繋がらなく連絡が取れない状態になったという事です。
一人一つはSIMを持ちましょう!

で、au携帯はダメなのかと言うと、実は使えました。
これが、3つ目の失敗、リサーチ不足ですね。
日本に帰ってきて調べましたが、端末情報内のSIM設定で、新しいSIMの認証設定をすればにんしきし、使えるようになるのでした。

こんな大事なこともっと大きく書いてよね!
ちなみにドコモは、解除コードの入力をすればすぐに使えました。分かりやすい!

お金は幾ら換金すればいいの?

私の場合3泊4日(夕方着、昼帰る)で$500用意しました。
ざっくり4万円です。現地の空港の換金所で4万出して、$500丁度になりました。
意外に安いかも
ちなみに私は、デビッドカードによる引き出し、$500引き出してなんと41000円口座から無くなってました。
引き出し手数料が半端なく高い!!
ATMオーナーにより設定できるため、手数料を高く出来る様です。
クレジットカードのキャッシングが一番良いようですが、デビットカードに比べたら換金所でも良いと思いました。
これが、4つ目の失敗です。

$500で足りるのかと言うと、私の場合十分でした。
食事代、お土産代、交通費、観光に使った費用、カジノ代これらと、帰り際の空港での食事など全て合わせて丁度ぐらいです。

カジノでは$150しか使ってませんが、十分遊べました。
かけ方にもよりますが、沢山カジノで遊びたい人は$300~$500はあれば無難かと思います。大胆にいき運悪ければ2ゲームで$100無くなります!
チップのかけ方には工夫がいる様です。

お土産物について

シンガポールのお土産と言えば、マーライオンの絵描いてある、クッキーやチョコですね
安い所で沢山買って皆に配ろうと考えるのは皆さん同じです。

そこで、現地の方が利用しているスーパーに買いに行きました。
私は、リトルインディアのムスタファセンターに買い物に行きました。
とにかく広い!
色々置いてあるので楽しい。このショッピングセンターだけで1日つぶせそうです。
私はマーライオンクッキーとチョコを購入したかったので、物色していると
有りました!それも大量に!!

早速、購入他にもアーユルベーダの石鹸やマーライオンのボールペンなど色々です。
意外に安かったのは、リンドールのチョコ!

200gほどで$7弱(550円)でした。
同じ量を日本で買えば、2000円は超えると思います。
当然これも購入しました。

翌日は中華街へ行き同じくお土産物屋さんが有ったので見てみますと!

同じマーライオンクッキーが売っていました。
同じじゃんと軽くみているとなんか違和感、値段がおかしい?
前日、買ったクッキーは3箱で$15
中華街で売ってるクッキーは3箱で$10

5つ目の失敗なのです。
まさか観光色が強い中華街のお土産物屋さんがこれほどまでに安いとは!
焦って買ったのが悪かった。
リンドールのチョコや石鹸なんかは良い買い物だったと思いますが、定番土産で
これほどの差があるとはショックでした。

ちなみに定番土産は空港でもあまり値段は変わらないのでそこが良いかと思います。
日常生活品や、雑貨などを購入するなら、現地のスーパーが良いですね!


今回は、リサーチ不足もありちょっと失敗もありましたが、シンガポールはとても
楽しい所でした。
ベイサンズ周辺だけでも十分だし、ディープに楽しみたいなら、色んな街に入り込むのも
楽しいと思います。

3日間ではちょっと足りないように感じたので、また機会があったら5つの失敗の仮は返したいと思います。

自作キャンピングカーに太陽光発電&走行充電回路を作るには!

ついに重い腰を上げたのです。 軽キャンのサブバッテリーシステムのバージョンアップです。 今まで家でしか充電できなかった、バッテリーですが、旅先でも充電出来るように改良 する事になったのです。 色々と勉強して自分でシステムを作成していき、たどり着いたのがまずは ソーラーチャージコ...