2020年1月19日日曜日

浜福鶴の蔵開きに行って来ました。

1月19日
今日は、浜福鶴の蔵開きです。

ここのお酒では空蔵とかが有名ですね!
何時ものように、阪神電車に乗っていざ魚崎へ!

浜福鶴さんは親切で、前日の土曜日と日曜日の二回目開いてくれます。
日曜日しか休みの無い人は助かりますね❗

浜福鶴のお酒は飲みやすいのが多く結構!私好みなのです。
中でも、米治の吟醸濁りは微発泡で飲みやすいので、ついつい飲み過ぎてしまいます。
どのお酒もそうですが、麹菌など扱っているので、毎年味にも変化があります。

今年は、どんなお酒になっているのか楽しみです!

阪神魚崎を降りしばらく歩くと浜福鶴の看板が目に入ります。
これが見えたら直ぐそこです!

会場に着いてみると、沢山の人ですね!
去年は土曜日に行きましたが、日曜日も多いです。

会場に入って直ぐに無料試飲コーナーへ、今年の新酒を頂きます。
新酒はフレッシュで美味しいですね!

今年のは麹の香りが良いですね
他の銘柄に無い味わいです。
これは、今しか飲めない酒ですね。

会場も賑わい、ちょっと座って飲みたい所ですが、中々空きません。

まあ、スタンディングでいきますわ!
と言いながら、一人用のレジャーシートを広げゆったりとおでんとたこ焼きを並べました。
後は、有料試飲と行きますかと、空蔵を一杯!

やはり空蔵はうまいわ!新酒ですしね。

ある程度堪能したので、ショップの中を見渡してみると空蔵が陳列されていました。
空蔵って山田錦と雄町の二種類が有るのよねとみていると、あれ?

一本多いぞ!
種類増えてるやん! 今度は愛山を使用した空蔵が発売されていました。
うわ!飲んでみたい!
山田錦は美味しいのですが、そろそろ皆さんも飽きが来るのかと思っていたところに
こいつの「愛山」の登場とは!

買って帰ろかと思ったが、未だに正月の酒が有るので買えないし飲めないし!
何にも無しで帰るのも寂しいので、特売300円で売っていた甲南漬を購入
これまた安い!何時もの半額位やないですかね!
蔵開きは、こう言う掘り出い物もあるので嬉しいです。


ちなみに、何時も店内で売っている酒粕のソフトクリームは昼までに完売してました!
食べたいのに食べれないという悲しい出来事もあるので、早めに来なければいけませんね。

まあ、そこそこ楽しめ次来る理由(愛山)も出来たので今日はおとなしく帰る事にしました。

日本酒も昔に比べたら、かなり進化しましたね!
伝統や固定概念などにこだわらず、新しい物にチャレンジしていく姿勢はすごく素晴らしいです。


2月からは、西宮の酒蔵で蔵開きが次々と始まりこれから忙しくなります。
また、美味しい日本酒に出会えるように体調に気を付けねばと、お酒を少し控えた私でありました。








2020年1月12日日曜日

正月の酒は?豪華!!福寿の限定純米吟醸、琥泉の純米吟醸、月山純米吟醸、尾根越えて純米、吉乃川の特別純米

初出を済ませ今年も頑張るぞ!
となるのは、正月に飲んだ日本酒のお陰だと勝手に思い込み、今年も美味しいお酒に出会える様にとお願いまでしました。(笑)

その、お正月に飲む酒はを選ぶのも楽しいもので、今年は何にしようか迷いに迷って今回選んだのは、お馴染み福寿の純米吟醸と泉酒造の琥泉です。
福寿の純米吟醸は、ノーベル賞で有名ですが、今回のは限定品!

それも残り二本だったのを見つけ、即購入しました。
こいつは普通のと比べ酒米が違いますね、兵庫錦を使っておりさらに寝かしているようなので、口当たりもまろやかでした。(試飲より)

そして琥泉
泉酒造では、仙介が有名ですが、あえて今回は琥泉にしました。
どちらも美味しいお酒なので、正月が待ち遠しい!

大晦日にでも飲むかと思ったが、そこは我慢し良い正月を迎えようと思っていたところに嬉しい出来事が起こったのです❗

キャンプでもお世話になっている友人から、実家に帰った時のお土産と愛媛の地酒を頂いたのです❗

お〜これはさらに良い正月になる。
尾根越えて! 初めて見るお酒です。
一度、四国に酒旅行きたいですね!
興味深々、早く飲みたい。

そこに輪を掛けて、息子が旅先から持ち帰った日本酒が、お土産と言うことでテーブルの上に置かれていたのです。
島根県のお土産で、月山の純米吟醸
ラベルも美しく、高級感漂ってます。

と!言うことで、大晦日には四本の日本酒が揃ったのです。

これは、正月前から良い予感しかありません!
取り敢えず紅白は見ずに、ガキ使で楽しい大晦日の晩を過ごし就寝‼️

次に目を覚ますと、新年になっていました。(当たり前ですが(笑))

でっ、おとそ(日本酒)はと言うと、昼から実家に出かけるので飲めません‼️

まあ!実家で飲めばよいよい。
家族を連れ、実家まで移動、挨拶を済ませてお食事、帰りは娘が運転するので飲めるのです❗

今度こそ日本酒か!
しかし、弟も車のため飲まないし、
やたらとビールがあったので、それをのんでいるとお腹がいっぱいになり日本酒が入りません!
結局、実家ではだれも酒を飲まないので、余った日本酒を持って帰る事にしました。
吉乃川の特別純米
酒米は五百万石を使ってます。




これで合計5本の日本酒が家に有るのです。

翌日は奥さんの実家に挨拶に行き、ごちそうになり、結局家で飲んだのは3日の晩でした。

まあ、いくら実家とは言え落ち着いて飲めないので、3日目にして自宅でゆっくり日本酒を飲めたことに感謝です。

そして、自宅での今年初の日本酒は、息子が買ってきた月山でした。


初めて飲んだけど、美味しいかった!
少し辛口でスッキリと飲みやすいですね。

後の四本は、体を労わりながらゆっくりと飲む事にします!

日本酒的に良い年になりそうな予感を感じた年末年始のお話でありました。